東京水道屋ランキング2014

トイレ水漏れに困った時は

トイレでよくあるトラブル

携帯電話

トイレの便器の中に、落とすものの中で、一番多いのはポケットの中に入れていたものではないでしょうか。
家や車の鍵、携帯電話などが多いとおもいます。
特にジーンズやパンツなどの後ろのポケットに、鍵や携帯を入れていて、そのまま用を足そうとして落下させる事案が多いです。
気を付けているつもりでも、つい、うっかり。。。と言う方が多いようです。
外出先では、自動洗浄機能が付いているトイレが増えてますので、一層注意が必要です。携帯電話でも水流で流れてしまうので、立ち上がった途端に、ぽちゃんと落とし、あっ、と思った瞬間には自動洗浄で流されている、ということになりかねません。
普段から、後ろポケットには物を入れないように心がけ、どうしてもポケットに入れなければならない場合は、個室に入る前に、ポケットの中身を出す習慣を付けたほうがよさそうです。
家のトイレで物を落としてしまった場合は、速やかに救出しましょう。誤って流してしまうと、ほとんどトイレのつまりを引き起こしてしまいます。

ペーパーが詰まる

トイレでよくあるトラブルは、流しても流れないことです。特に、ペーパーが詰まってしまうことがあります。これは使用してはいけないようなペーパーを使ってしまったことなどが、トイレつまりを起こしてしまう原因として考えられます。
それから、トイレでよくあるトラブルとして、流し方が分からないということも挙げられるものです。これは外出先でよくあります。外出先のトイレは形状や使い方が自宅のものとは違っていることが多いものです。自動で水が流れるものもあれば、手動のものもあります。手動と自動の両用となっているものもあります。用を足す前にまずは流し方について確認した方がいいかもしれません。
また、トイレでよくあるトラブルとして、鍵が開かなくなったということも挙げられます。これは老朽化しているトイレに多いことです。あまり人が来ないようなところなら、鍵をかけずに用を足した方が無難かもしれません。
いずれにしても、トイレのトラブルを解決するためには、できるだけ誰かと一緒に行動することが望ましいものです。

ペーパーが無い

トイレで困ったことやトラブルに遭遇したことは誰にでもあると思います。
その中で、一番多いといえばやはり、用を足したあとにトイレットペーパーがないことに気づいたときだと思います。現在のトイレの多くにはウォシュレットがあるのでその場合は問題ないですが、問題はウォシュレットがないときです。手でふくわけには当然いかず・・。
多くの人はパンツにつかないようにゆるくズボンを履いてトイレットペーパーをとりにいくのだと思います。
次に困るのはトイレがあふれる、トイレがつまるトラブルです。これは結構びっくりします。
道具があるときはそれで直せますがないときは・・・。多くの人は素知らぬ顔をしてそのままで出てしまうことでしょう。そのあと自分でちゃんと処理をする人はとても誠実で好感が持てます。
そのほか、トイレに入るとこびりついてたり、あるトイレでは汚物が残っていたり、トイレは人間にはなければならないところです。次のひとのためにもきれいに使いたいものです。

固形物

トイレで良くあるトラブルは詰まりで、トイレットペーパーを使い過ぎたり、トイレットペーパー以外の水に溶けにくい紙を使用する事で発生し易い物です。

意外に多いトイレの詰まりの原因が、ポケットに入れておいた物を着脱する時にふいに落としてしまうと言うケースです。紙詰まりであれば、いくら水に溶けにくい物でも時間をかける事で詰まりは解消し易い物ですが、ポケットの中身の場合には、携帯電話を始めとする金属製の物や固形物が多い為に、間違って排水溝に落ちた場合に大きなトラブルへと発展しますので、詰まっている段階で取り除くことが重要とも言えます。自分の手で作業が行えるのは、目に見えている個所に留まっている場合のみで、それ以外の場合には水を流す事を控えて専門業者に依頼されるのが得策と言えます。

トイレで良くあるトラブルの詰まりは時間を問わずに起こる可能性が高いので、いざという時にすぐに駆けつけてくれる業者を常日頃から確保しておく事も重要です。現在では、365日24時間体制で修理を行ってくれる業者もありとても心強い物です。

詰まり

トイレでよくあるトラブルとしては、やはり「詰まり」でしょう。家庭内でトレイが詰まった場合も然ることながら、外出先でトレイが詰まってしまった場合、通常トイレの個室内にはトラブル解消の為の道具はおいてありませんから、一旦外に出てスタッフを呼びに行く必要があります。通常、トイレが詰まって水が溢れてしまう場合には汚物も一緒に溢れてしまうでしょうから、特に女性の場合はスタッフや周りの人に助けを呼ぶことも非常に恥ずかしいこととなります。
同じトイレ内に掃除用具置き場がある場合は、そこにラバーカップがありますので、それを用いて自分でトラブルに対処することができます。紙詰まりが原因である場合は、ラバーカップで十分対処が可能ですが、配管異常や異物混入による詰まりの場合は、専門業者へ依頼されることをお奨めします。
水が便器内にいっぱいになった場合でも、しばらくすると少しは水が抜けてきますので、それから対処することをお奨めします。水を流す圧力でなんとかしようとして、再度水を流すような事をしても更に水が溢れて事態は悪化する一方ですので、一旦置いてから対処するようにしましょう。