東京水道屋ランキング2014

トイレ水漏れに困った時は

ゴムフロート(フロートバルブ)の原因

ゴムフロート(フロートバルブ)はタンク内に設置されており、普段はタンク内に水をためておく働きをしています(便器に水が流れないようにせきとめている)。
タンクの外側についているレバーを引くと、タンク内のチェーンが引っ張られ、チェーンにつながれたゴムフロート(フロートバルブ)が浮き上がり、タンク内の水が便器に流れ込むという仕組みになっています。
このゴムフロート(フロートバルブ)が劣化によって割れていたりすると、タンク内の水をせき止めておくことができずにちょろちょろと便器の方に水が流れ続けてしまうのです。
また、劣化ではなくてゴムフロートの位置がずれていたりしても、そのずれた分の隙間から水が流れてしまうこともあります。
ゴムフロートはホームセンターなど購入可能なので、ゴムフロートが劣化していた場合などは新品と交換するなどして対応しましょう。