東京水道屋ランキング2014

トイレ水漏れに困った時は

ボールタップ・パッキンの原因

ボールタップ

ボールタップをご存知でしょうか?外の水道管と、タンク内のちょうど連結部分の事です。このボールタップの部分から水をタンク内に流しています。ボールタップには浮き玉も付いており、浮き玉が水に浮くことでボールタップは水の流れを止めているのです。
上記のように、ボールタップは水の通り道となっており、水を流したり水を止めたりする働きを持っています。
このボールタップが緩んでいたり、老朽化などで壊れていたり、正常に作動していなかったときに、水道から流れているみずが漏れてしまうのです。
中の部品を外してみます。
ボールタップは、パイプに固定されています(タンクの外側についていることが多いです)。ボールタップが緩んでいる場合などはスパナなどの工具でナットを締め直してやれば、水漏れが止まるかもしれません。もし壊れていて、ナットを締め直しても水漏れが止まらないというときは、ボールタップやパッキンを新品と交換したほうがいいでしょう。それでもだめなら、トイレ水漏れオーケー管理などのサイトから業者に連絡するといいでしょう。

ボールタップのパッキンを交換しトイレ修理

アパートで一人暮らしをしていた時期があります。アパートは当時にして築10年以上になっており、アパートに備えられている給湯器と洗濯機が故障し、管理会社に交換してもらったことがあります。また、築10年以上ともなれば他にも故障する箇所が出てきていました。他の故障は便器のタンクに水が満たされていても便器内に水が漏れ出ていたので、トイレ修理をしたのです。このような状態だと水がもったいないし、水道代をたくさん払うことになり悔しいので、トイレ修理をすることを決意しました。タンクを開けていろいろ確認してみたらボールタップの部分に問題があるようでした。トイレ修理をしたことがある友人のアドバイスもあり、パッキンを交換して元通りに取り付けたら見事に直りました。面倒だと思って放置したままにすると水がどんどん漏れ出し、もっとひどいことになると思います。放置しておくことによって水道代をたくさん払うのは惨めですから、自分で直しておいて良かったです。